ハーモニーベル・セッションとさとう式リンパケアやトレガーアプローチのボディ・ケアがご提供できるサロンです。

トレガー・アプローチ

トレガー・アプローチ

踊る雲のロゴ.jpg

World peace,one at at a time
(世界平和をひとりひとりずつ)
by Dr. Milton Trager


トレガー・アプローチとは?

ミルト~1.JPG

トレガー・アプローチは、米国の故ミルトン・トレガー博士(1909-1997)が開発したボディワークの一種で「動きの再教育法」とも呼ばれています。

長年のクセや習慣から凝り固まって、私たちの本来の自然な動きを妨げている筋肉に、「軽い感じ」、「柔らかい感じ」、「自由な感じ」を体験させることにより、自分の中の「より楽な感覚」を思い出していきます。

トレガー・アプローチを通して、本来の自分の動きを思い出すとき、
私たちは、心身ともにリラックスした状態に導かれ、感覚、自由さ、軽さ、くつろぎ、安定を感じます。

トレガー博士はこの体験のことを“リラクセーションを超えた平和な感覚”と呼びました。


セッションでは、どんなことをするの?

トレガーアプローチには、以下の2つがあります。

 ①プラクティショナーが受け手に働きかけるテーブルワーク
 ②メンタスティックス


テーブルワーク

マッサージテーブルに横たわって、プラクティショナー(認定施術者)に施術してもらいます。

身体を「揺らす」、「伸ばす」、「重さを量る」、「彫刻をする(身体の形を感じながらなでる)などの穏やかな手技は、動きの可動域の範囲で、痛みを伴うことのないやりかたです。筋肉や神経に、ただ、「心地良い感覚を味あわせること…」それによって、緊張をゆっくりと緩め、身体のつながりを感じていきます。
身体のゆったりとした感覚は、心身ともに深いリラックスをもたらします。


メンタスティクス

メンタスティックスとはメンタルとジムナスティックスが合体した言葉でトレガー博士が造語したものです。

動きながら、その動きの質を感じたり、身体の様を感じたり…
動きを通して、ご自身の「感じとる回路」を目覚めさせていきます。
これによって、よりテーブルワークでの体験が深いものになったり、
テーブルワークでの成果が持続したり思い出したりしやすくなります。
また、メンタスティックスは自分で行うことができるため、セフルケアとして、日常にも生かしていただくご提案ともなります。


さまざまな分野で役に立っています

●心身のリラクセーション
●病院などでのリハビリ(特に麻痺などの手足の可動範囲を拡げるなど)
●スポーツ選手やダンサーなどの、身体の可動範囲を拡げる
●歌う人の喉と首をリラックスさせ、声を出しやすくする
●武道やスポーツを行う人は、リラックスした身体からの動きを体感できる
●その他、美容、バランスの改善など様々

詳しくは、日本トレガー協会のHPをご参照ください。

セッションのご案内

画像の説明セッションの流れについては、コチラをご覧ください。

セッション料金につてはコチラをご覧ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional